引越し段取り

引越の手続きはお早めに

引越し手続き引越しの前にやっておくことは、意外とたくさんあります。

 

事前に考える事は色々有りますが、心構えとして、「今いるところから綺麗にいなくなる」という感覚だと思います。
例えば、漏れがあった場合、特に遠方の場合は、かなり面倒なことになることもありえます。

 

知人や親戚等が何とかしてくれれば良いのですが、最悪「飛行機に乗って行かないと」なんていう事にもなりかねません。
そういう意味では、「立つ鳥跡を濁さず」という諺がぴったりかもしれませんね。

 

簡単な引越し手続き一覧引越し手続き一覧

 

人によって違いますが、概ねこんな感じです
引越し手続き一覧
引越し関係の手続きってこんな感じ賃貸契約の解約(解約日には注意が必要です。)
引越し業者の手配
電話の移転手続き
郵便物の転送
水道、ガス電気
印鑑登録
国民健康保険


・・業者の選定も、スケジュールがどんどん埋まってゆくので、早い方が良いです。

日本最大級の引越し見積もりサイトはこちら

HOME'S引越し見積もり

 

引越しの前にやっておくこと記事一覧

引越しがうまく行くために、しっかりメモを作りましょう。そうすれば、抜けている部分を確認するのも容易です。時系列に並べれば、いつまでに何をしなければいけないのかハッキリしてきます。特に、初めて引っ越す場合は、「こんなにやる事があったのか」とびっくりするかもしれません。このHPを見てもらえば分かりますが、「住民票」や「免許証」・・郵便局への届出・・会社への届出など、細々と作業が続きます。特に、遠方へ引...

引越し直前になると、どうしても慌ただしくなるので、少しでも早く出来るところから手をつけておきましょう。ちょっと考えただけでも、NTT、ガズ、水道、プロバイダ等々、沢山出てきます。事前に手続きについて調べておきましょう。プロバイダなども、解約〜新規契約が必要になる場合があるので、事前に必ずご契約のプロバイダさんに連絡を取りましょう。プロバイダの解約はシッカリやっておかないと、使っていなくてもお金を取...

引っ越しの続きは早めにやっておいた方が良さそうです。一般的には電気の引っ越しの手続きは、引っ越しの2週間程度前までにそれぞれの管轄会社に連絡するようにしておきましょう。余裕がないと、つい忘れてしまい、基本料金とかも発生してしまうかも・・。○○日以降は使いませんので・・という連絡をするので、連絡した日から使えないというわけではありません。北海道電力東北電力中部電力東京電力関西電力中国電力九州電力沖縄...

引越しのご挨拶はいつまでにやっておけば良いのでしょう?特に決まったルールはないですが、当日はなるべく避けましょう。当日は引越し作業やトラックの駐車などで迷惑をかけてしまうことになるので、その前にご挨拶をしておくのが基本です。駐車車両の問題等々、ご近所さんが気を使ってくれることもありますし、いずれにせよ、当日の挨拶は避けましょう。引越しの2〜3日前までにはご挨拶を済ませておいたほうが良いでしょう。親...

転出元の市区町村役場に届け出をして転出証明をもらっておきましょう。これをやっておかないと、後の手続きが面倒になります。転出届の手続きは、お住まいの市区町村役場によっては、14日前からしか受け付けてもらえない場合があるので、事前に確認しましょう。引越し業者の選定が終わっている場合は色々聞いてみると教えてくれたりします。引越し業者はうまく使いましょう。

引越前後の水道の手続き、しっかりしておかないと、引越した後も基本料金を請求されたりしちゃいます。水道手続きは、水道局、または市区町村役場の水道課連絡しましょう。市区町村によって多少違うかもしれませんが、窓口、電話もしくは電子申請で「給水住所・使用者名・移転後の連絡先電話番号及び移転先住所・中止予定日」を言えば対応してくれます。担当が中止予定日の翌営業日に立会い等必要なく閉栓及び閉栓日までの使用量を...

引越のお知らせは業者さんによってはおまかせパックで作ってくれるところもありますが、オリジナルを尊重するならば、事前に作っておきましょう。自分で作るのが大変な場合は引越しはがき作成を扱っているプロに任せるのも手です。宛名まで作ってくれる所に任せると、本当に楽ちんです。メールで済ましてしまう場合もあると思いますが、目上の方やご親戚などにはしっかりしたハガキの方が後々のトラブルを防げる可能性があります。...